DIYのホイール塗装を失敗した場合

最近では、塗装方法のノウハウなどがインターネット上で公開されている場合も多く、簡単に塗装できる塗料も販売されている事でDIYでホイールを塗装される方が多くいらっしゃいます。

自分で安くきれいに塗装できれば良いのですが、失敗してしまってホイールをボロボロにしてしまうなんて事も起こっているようです。
さらに、足付けや脱脂などの下地処理が不足しているため、簡単にペリペリと剥がれくる事も多いようです。

 

そんな時は、塗装を完全に剥離したカスタムやカラーチェンジをお勧めします。

ほぼ新品の状態に戻す事が可能です。


(1)剥離

(2)バレル研磨によりアルミ素地を整える

(3)粉体塗装で下地作り

(4)ウレタン系塗料による塗装(シルバー塗装)

(6)全体にクリヤー塗装


現状の塗装を剥離して新品と同様の塗装を行います。

時間がかかるため価格も少々高めになりますが、新品同様の工程であり仕上りは良いです。


【メリット】
・きれいに直る
・塗装が剥がれる可能性が非常に低い
・劣化した塗装を剥離するため、新品に近い状態になる

 

【デメリット】
・施工に時間がかかる
・比較的高額になる


旧車のホイールなど、腐食が大量に発生したホイールでも同様の施工方法がお勧めです。